体力なし子の毎日がサバイバル

手抜き、時短、省エネ、断捨離で何とか毎日生き延びてる、9時間睡眠を必要とする体力なし子の日記

「鶏カラ」で「ニッチ」を「究める」?

おはようございます。ソフィアです。

 

藪から棒ですが、今日のお題は「鶏の唐揚げ」です。

鶏の唐揚げを嫌いな方は余りいらっしゃらないですよね!

 

我が家もご多分にもれず大好きです。

ごく近所に、昔は立ち飲みの居酒屋さんで今現在は鶏カラをメインにしたお弁当屋さんがあります。

3坪程度の狭小な場所で営業しているのですが、オヤジさんも気さくで、醤油味、塩味の2種類の鶏カラを1個50円で売っています。

 

お勧めは醤油味で、昔ながらの飾らない鶏カラを味わうことができます。

平日・土曜日の昼食時に営業しているのですが、

2時前には売り切れ御免、となってしまいます。

すぐそばには、いわゆる大資本によるスーパーがあり、当然「鶏カラ」(弁当)も販売されています。材料(鶏肉、揚げ油、調味料)・製造工程にもそれほどの差異があるとも思えません。

「違い」があるとすれば、「鶏カラ」に特化して、具材の調製、製造工程を最適化して、顧客へ提供する価値を最大化していることでしょう。

「ニッチ」を究める好例だなーと思います。

たかが、鶏カラ、されど鶏カラですね!

私も、自分らしいニッチさを探していけたら良いな、と思います。

 

今日もお読み頂ありがとうございました_(._.)_