体力なし子の毎日がサバイバル

手抜き、時短、省エネ、断捨離で何とか毎日生き延びてる、9時間睡眠を必要とする体力なし子の日記

雪に不慣れな方!気をつけて!雪の中、子供を遊ばせる時の注意点

f:id:sofiagucci:20180125172521p:plain

 

おはようございます。ソフィアです。

 

今日は、東京は雪です。

子供の保育園が休校になってしまったので、朝から近所の公園へ行ってきました。

こんな時に、外に行くなんてと思われるかもしれませんが、人生初の雪を体験させたくて、出かけたわけです。

 

しかし、東京人は、如何せん雪に慣れておりません。

そこでの失敗談をベースに、注意点をまとめてみました。

 

●靴下の持参

ズボンとトレーナーの着替えは持っていったのですが、私は靴下を忘れました。これがいたかった!

子供の長靴と言うものは大抵少し大きめにできていて(もしくは大きめのを買ってしまったので)、今日のように15センチから20センチ積もると、子供の長靴の高さより雪のほうが高いわけです。

そうすると、長靴の間から、雪が入ってきてしまいます。これが盲点でした。

大人の私のブーツには入ってこないので、初めは気づかなかったのですが、よく見ると、子供の長靴が雪でいっぱいです。

何とか、掻き出してみたものの、すでに靴下はぐしょぐしょ。

すぐに帰宅すればよかったのですが、せっかく来たし、あともう少しもう少しと10分20分遊んでいるうちに、そろそろまずいと気づきました!

慌てて、帰宅。

長靴と靴下を脱がすと、足も冷え切っていて赤くなっている!まずい!シモヤケか?

 

●そんな時の対処法

すぐに足湯をさせました。

洗面器に沸騰したお湯とお水を入れて温度を調節します。

かれこれ、差し湯をしながら20分以上入ってます。本人も一度出ましたが、まだ寒いというので、また自主的に足湯してます、

こうなると、お風呂の方が良かったのかもしれませんが、、、

 

●子供の長靴に雪をはいらせない方法

子供用の靴下を履かせてから、大人の厚手かつ長い靴下を履かせます。大人の靴下をおります。

それで、長靴と足の隙間から雪が入ってこないように調節するのです!!

これで問題ないと公園であったママさんから教わりました。

 

●拭くためのタオル、手袋と大人の靴下の替えの持参

これでバッチリだと思います。

あとは、水分とたまごボーロなどがあれば、疲れたときに食べさせるたけでなく、帰宅を促すときにも役立つかと(^^)

 

これから、外出する方も多いと思います。

特に坂道は転倒の危険があるので、気をつけてください!

変に雪が微妙に溶けているところより、白く積もってる所の方が、摩擦で滑りにくいです。

朝の公園は、まだ誰も踏んでいない一面の雪景色で、その中を興奮して歩く子供を見てると、行く価値あったなぁと。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

読者募集中です。ぽっちとよろしくお願いします♬